シワが少なくカラリと乾く!洗濯<干し方編>

洗濯<干し方編>

シワにならない干し方を知っておけば、アイロン要らず。カラッと乾き、しかも仕上がりに差が出る干し方をご紹介します!

シワが減ってポロシャツなどもピシッとなる干し方

洗濯後、服がまだ濡れているときにシワをたたいたり、軽く引っ張ったりして、伸ばしておきましょう。それが、乾いたあとのシワを減らし、アイロンがけの手間なども減らす最大のポイントです。

生地が厚手の場合は、ハンガーに吊るして両側から挟んでたたきます。また、濡れていると縫い目部分が少し縮んでいるので、縫い目部分を両手で軽く引っ張るのがコツ。

仕上がりに差が出る、干し方のコツと裏ワザ

ポリエステル素材の服はあまり脱水しないで干した方が、水分の重さでシワができにくくなります。また、早く乾かすには少しでも生地と生地が触れないようにしたほうがいいため、細い針金ハンガーなどより、太めのハンガーを利用することもおすすめです。

型崩れを防ぐには、肩幅に合ったハンガーを使うことが大切です。さらに、毛、絹、ナイロン素材の服は日光で繊維が変質しやすいため、必ず陰干しを。

厚手のパンツを少しでも早く乾かす裏ワザ

できるだけ風通しをよくするのがポイントです。パンツ類は裏返し&ファスナーを開けた状態で干すのが基本。ピンチハンガーに筒状に吊るすと、型崩れしにくく、筒の間に風が通って早く乾きます。

厚手のトレーナーやパーカーを早く乾かす裏ワザ

長袖のトレーナーは、袖や脇の下の部分が乾きにくいため、ハンガーや竿にかけて普通に干したあと、そでを別のハンガーまたは竿にのせて干します。

パーカーはおなかの部分で二つ折りしてハンガーか竿にかけて干した方が、首回りに水分が溜まりにくく、全体が早く乾きます。

シーツなどの大物はM字干しでスペースを節約

シーツやテーブルクロスなどの大物を干すとなると、けっこうなスペースを必要としますよね。それを避けるためには、M字干しがおすすめです。

シーツなどを縦に二つ折りまたは三つ折りにし、2本の竿に、文字通り「M」の形にかけて干せば、シワになりにくく、省スペースに。2本に竿が使えない場合は、さらに細長く折りたたみ、3本のハンガーを利用してM字に干せばOKです。

衣類乾燥機の使用時間を短くする裏ワザ

衣類乾燥機は重宝しますが、コストを考えれば、できるだけ使用時間は短くしたいもの。

そこで、簡単な裏ワザ。衣類乾燥機を使うときは、洗った衣類と一緒に、乾いたバスタオルを1枚入れて、スイッチオン。バスタオルが水分を吸収してくれるため、乾燥にかかる時間がいつもより5~10分短くなるはずです。

 

今回は、効率よく洗濯ものを乾かす裏ワザをご紹介しました。ハンガーの使い方、衣類乾燥機を使用するときのひと手間が時間短縮に繋がるのですね。乾いたバスタオルを1枚入れるだけなら、即試してみたいです^^

 

出典:暮らしの裏ワザシリーズ③家事の裏ワザ

出張査定費無料!パートナーズ沖縄 便利屋

買取・回収/生前整理/遺品整理/ハウスクリーニング/エアコン/引越し/家具移動/リフォーム/草刈りなど

TEL:070-5276-3230
(AM9:00~PM6:00)